城東区・野江駅・関目駅至近の内科・消化器内科・胃カメラ・大腸カメラなら【やながわ内科クリニック】へ。風邪、発熱、頭痛等の一般内科、腹痛、胸やけ、便秘、下痢等の消化器症状等、大腸ポリープ切除等、総合的に診療いたします。
2021年5月10日(月)開院
  • 専門医が対応
  • 痛みの少ない内視鏡検査
  • 最寄り駅から徒歩約4分
  • 駐車場有り

胃カメラ
(上部消化管内視鏡検査)

胃カメラは鼻もしくは口から内視鏡を挿入し
食道や胃、十二指腸を観察する検査です。

このような症状はありませんか?

下記のような症状がある方は胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)をお勧めいたします。

  • 胸やけや胃もたれ
  • ものを飲み込むとつかえる
  • みぞおちが痛い
  • 胃液がこみ上げる
  • 胃の不快感、張った感じ
  • 食欲がない
  • 急な体重減少
  • 貧血と言われた
  • 胃・十二指腸潰瘍と言われたことがある
  • バリウム検査で異常と言われた

当クリニックの胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)について

  • 鼻もしくは口のいずれからの
    検査も可能
  • 鎮静剤(静脈麻酔)を用いた
    苦痛の少ない検査
  • 内視鏡専門医が対応
  • 当日検査可能
    (予約枠が空いていて絶食来院の場合)
  • 内視鏡スコープや処置具は
    万全の衛生管理

鼻もしくは口のいずれからの検査も可能です。

胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)は内視鏡を挿入し咽喉頭・食道・胃・十二指腸を観察する検査で、その方法は鼻から挿入する方法 (経鼻内視鏡検査)と口から挿入する方法(経口内視鏡検査)の2種類があります。
当院ではどちらの方法かを選んでいただきます。それぞれの特徴は次の通りです。

経鼻内視鏡検査とは

鼻から内視鏡を挿入して行う検査で、以下のようなメリット・デメリットがあります。

経鼻内視鏡検査イラスト
メリット
  • 嘔吐反射(オエッ)が少ない。
  • 検査中にある程度会話ができる。
  • 検査後、早めに食事をとることができる。
  • 鎮静剤(麻酔)なしでも負担が少ない。
デメリット
  • 鼻腔の狭い方、鼻が極度に詰まっている方、鼻に病気のある方は鼻からの内視鏡ができないことがある。
  • 検査終了後、しばらく鼻閉塞感(鼻が詰まっている感じ)、鼻の違和感・痛みが続いたり、鼻出血が起こることがある。
  • 血液をサラサラにする薬を内服中の方は鼻出血の可能性が高くなる。

経口内視鏡検査とは

口からマウスピースと呼ばれるものを使用して内視鏡を挿入して行う検査です。

経口内視鏡検査イラスト
メリット
  • 検査後の鼻閉塞感・鼻の違和感・痛みや鼻出血が起こらない。
デメリット
  • 下の付け根を内視鏡が通過するために咽頭反射が起きやすい。

経口内視鏡の際には少しでも苦しくなく楽に検査を受けていただくために鎮静剤と言われる薬剤を使用することも可能です。

胃カメラ検査までの流れ

来院前

step1
診察予約

まず診察させていただく必要があります。直接ご来院いただくか、インターネットか電話で診察予約をお願いいたします。
ご予約いただく方がスムーズにご案内ができます。

step2
診察

  • 診察時に経鼻と経口のどちらの検査を行うかを選択し検査の日時を予約していただきます。
  • 検査を安全に受けていただくために感染症の有無を確認するための採血を行います。
  • 検査の説明や注意事項をお伝えいたします。
  • 検査を承諾していただくことの同意書をお渡しします。

step3
検査前日と当日の注意点は次の通りです。

検査前日
  • 前日の夕食は午後8時までに済ませてください。
  • 水や茶はお飲みいただいて結構です。
  • 夜の内服薬がある方は通常通り内服してください。
  • 飲酒は控えてください。
検査当日
  • 食事は摂らずにご来院ください。
  • 水と茶は検査2時間前までお飲みいただけます。
  • リラックスして検査を受けていただくためにゆったりとした服装でご来院ください。
  • 血圧や心臓の薬は、検査当日の午前7時までに内服してください。
  • 糖尿病の薬は、検査当日の朝は(午後の検査の方は朝と昼)内服しないでください。
  • その他中止の指示のあった薬は内服しないでください。
  • 『説明書・同意書』をご一読いただき記名したものをご持参ください。

step4
来院後

1問診後に消泡剤を飲む。

消泡剤を飲むことで胃内の泡を除去し、観察しやすい状態にします。

2麻酔薬の投与

喉や鼻の麻酔を行います。

3検査の開始(内視鏡の挿入)

検査は左を下にした横向きの状態(左側臥位)で行います。鎮静剤を使用する際には予め点滴をさせていただき、鎮静剤の注射を行います。

  • 鼻あるいは口から内視鏡を挿入します。

4検査

食道、胃、十二指腸を中心に観察し、必要がありましたら生検(組織の一部の採取)を行います。また、場合によってはピロリ菌の検査のために組織の採取をすることもあります。
検査時間は個人差はございますが5〜10分程度です。

5検査終了後
  • 喉の麻酔が切れた後(1-2時間後)、水を少量飲んでいただきむせなければ食事が取れます。
  • 鎮静剤を使用した方はベッドで30~60分程度お休みいただきます。
  • 鎮静剤を使用した方は、検査当日の車、バイク、自転車などの運転は控えてください。
  • 検査の結果を説明します。組織検査(生検)を行った場合、その結果は後日(1-2週間後)にご説明いたします。
  • 注意事項を記載した用紙をお渡ししますのでご参照ください。

胃カメラ検査で発見が可能な病気

逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、ポリープ、食道がん、胃がん、十二指腸がんの発見に有用です。
胃がんや食道がんは早期であれば根治できる病気です。
しかし早期の段階では症状はでないため、必要な方は定期的な胃カメラ検査を受けられることをお勧めします。

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)の費用について

内視鏡検査のみ

1割負担の場合 1,000円~1,500円程度
3割負担の場合 3,000円~4,000円程度

内視鏡検査 + 病理組織検査

1割負担の場合 3,000円~4,000円程度
3割負担の場合 6,000円~12,000円程度

<備考> 他、初診料・再診料・点滴内容、お薬処方の有無により変動があります。

当院の検査体制について

  • 当院では最新の機器を用い、精度の高い検査を行なっております。
  • 内視鏡洗浄もガイドラインに沿った高水準の洗浄・消毒を行っており、感染対策にも万全を期しております。
  • 胃カメラと大腸カメラを同日に受けていただくことも可能です。
  • 初めて検査をされる方で不安な方や質問がある方はご気軽にご相談ください。
院内のご紹介|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら
ドクターズ・ファイル|詳しくはこちら トピックス|ドクターズ・ファイル 検診・治療レポート|ドクターズ・ファイル

クリニック情報Clinic Information

診療時間
 9:00~12:00
13:00~15:00
16:00~19:00

・・・検査

休診日木曜、土曜夜、日曜、祝日

〒536-0007 大阪市城東区成育2丁目13番27号
クリニックステーション野江 2F-A

お気軽にお問い合わせください

06-4255-6111

駐車場7台あり

  • ●京阪本線

    『野江』駅(城東区)・東側出入口から 徒歩約4分

    『関目』駅(城東区)から 徒歩約9分

  • ●JRおおさか東線

    『JR野江』駅(城東区)・東口から 徒歩約7分

  • ●大阪メトロ

    ・谷町線
    『野江内代』駅(都島区)・1番出入口から 徒歩約12分

    ・長堀鶴見緑地線・今里筋線
    『蒲生四丁目』駅(城東区)・7番出入口から 徒歩約9分

    ・今里筋線
    『関目成育』駅(城東区)・1番出入口から 徒歩約9分

  • ●大阪シティバス

    『関目1丁目』から 徒歩約1分

    『成育2丁目』から 徒歩約1分

大阪シティバス路線図はこちからご覧いただけます>>
PAGETOP
Copyright © 2021 やながわ内科クリニック All Rights Reserved.